記事

この記事に清水悠太選手の名前と
動画が載ってました。(37番ですね)

 

https://tennisbreaknews.com/2020/11/27/atp-le-top-50-des-espoirs-a-suivre-en-2021-de-la-40eme-a-la-31eme-place/

(Google翻訳による翻訳ですので、ちょっと変なところもありますが・・・)(^^;)

この若い日本人の左利きはトップ1000(1m63)の中で最も短いプレーヤーですが、
彼はサーキットで彼の世代の中で最も才能のあるプレーヤーの1人です。
2020年にたった3つのトーナメントをプレイしただけで、
彼はたった2つのセットを認める2つのITFトーナメントに勝ちました。
彼はハードアウトドアで最高の結果を出しました。
彼がサービスのギャップを埋めることができた方法は並外れています。
彼はすでに彼が順位ではるかに高く登るレベルを持っていることを証明しました。
たとえば、彼は1月(7-6、7-6)にダニエル太郎に対して
ブリスベンの挑戦者に負けました。 2019年10月、劉州の挑戦者として、
彼は最終的に敗北する前に、DavidovichFokinaに対して1セットをリードしました。
モンスターの才能を持つこのプレーヤーは、彼の才能が明らかであるため、
もっと注目する価値があります。
今のところ、彼はチャレンジャーで12敗で8勝していますが、
ITFではすでに8タイトルを獲得しています。
彼は2000年代のオリビエ・ロクスのように完璧なタイミングで
前手を打つためにジャンプするこの能力を持っています。
2018年に世界ジュニアで5位にランクされました。
「彼は非常に優れた印象的な選手です。
ITFサーキットのスーパーバイザーであるTorgunSmithによると、
プレーのレベルは明るい未来を約束しました。しかし、
彼は若いキャリアで2人のトップ100プレーヤー
(DavidovichとEbden)と1m90を超える1人のプレーヤー
(チャレンジャーとしてのKravchuk)にしか直面していませんでした。

Florent Serraの目:このような小さなプレーヤーが最高レベルで
突破すること、つまり世界のトップ50を統合することは
私には複雑に思えます。小さなライダーがパワー不足を補い、
プロサーキットで勝つことに成功しているのを見てきました。
もちろん、オリヴィエ・ロクス、ディエゴ・シュワルツマンだけでなく
コレンティン・ムーテ、さらには西岡も考えています。
バックハンド側では、ジャンプすることは可能ですが、フォアハンドでは、
ジャンプすることはほとんどなく、特に試合の合計時間の間はジャンプできません。
日本人と現時点で言及されている選手を隔てる7センチメートルは何でもありません。
清水は素晴らしいタイミング、並外れた技、そしてたくさんの
リラクゼーションで補う必要があります。
彼が左利きであるという事実はまだ前向きです。
これは彼が角度を見つけるのに役立ちます。しかし、
私は彼がすべてのストライキでどのようにジャンプできるかわかりません。
物理的に、それは複雑です。そして、ツアーのトッププレーヤーの力と
ストライキに対抗するために彼はどのように行動しますか・・・。
懸命に、彼はそれで逃げることができました、しかし粘土の上で、
肩の上に噴出するボールで、挑戦は日本人にとって私の目に複雑です。
彼がすでにトップ100に入ることができれば、それはすでに信じられないほどの
パフォーマンスになるでしょう。彼は頭だけでなく肉体的にもしっかりしている必要があります。
彼は直接的な過失を犯してはならず、何よりも永久に苦しむことがないように
ボールを非常に速く前方に動かさなければなりません。
テニスはますます肉体的になり、プレーヤーはどんどん大きくなっています。
シュワルツマン、ムーテ、西岡のパフォーマンスはすでに素晴らしいです。
そして、7センチも少ないので、非常に高いレベルの障壁を越える能力について
疑問に思います。この若い清水は才能が豊富で、トップ100に近づくことができますが、
1.90mのプレーヤーにどのように抵抗できるかを待っています…
彼がラインから大きく遅れると、彼は閉じ込められます。バンプと短いクロスストライク。
彼が法廷で前進する場合、彼はスピードに巻き込まれるリスクを冒し、
各ストライキでジャンプすることを余儀なくされます。
これは、試合、トーナメント、および季節の

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA